BITPoint(ビットポイント)WEB取引ツールでのストリーミング、シングル、逆指値の注文方法を解説

WEB取引ツールの注文方法
ネオキチ
こんにちは、ナビゲーターのネオキチだよ。今回はビットポイントでの仮想通貨売買の注文方法(ストリーミング、シングル、逆指値)を図解付きで紹介していくよ。
ミァーコ
よろしくお願いしまーす♪
ネオキチ
WEB取引ツールで仮想通貨を買う前に、そもそも基本的な注文板やチャート(値動き)の見方から知りたい人は下の記事から読んでね。
あわせて読みたい
BITpoint(ビットポイント)でのビットコイン・仮想通貨の買い方・売り方を初心者向けに分かりやすく解説 https://encryption-currency.xyz//bitpoint-account/ https://encryption-currency.xyz//bitpoint-characteristic/ 【BITPoint(ビットポイント)での仮想通貨の買い方...
目次

仮想通貨売買の取引ツールは4種類

ビットポイントの仮想通貨売買のための取引ツールは下の4種類あります。

4種類の取引ツール
  1. WEB取引ツール
    操作が簡単で初心者でも分かりやすい
  2. BITPoint ADVANCE
    1つの画面でチャートや板情報、注文入力機能など多機能
  3. アプリ(BITPoint Lite)
    スマートフォンやタブレットから売買が出来る
  4. MetaTrader4(メタトレーダー4)
    ビットコインFX専用の取引ツールで上級者向け

今回は基本の「WEB取引ツール」での仮想通貨売買の注文方法を解説していきますね。
ビットポイントにログインした状態で、「仮想通貨取引」をクリックすると、メニューが出てきます。そこで「仮想通貨取引」をクリックするとWEB取引ツールの画面に切り替わります。

WEB取引ツール

WEB取引ツールの画面は下のようになっています。

WEB取引ツール画面の見方

WEB取引ツールでの注文方法は全部で5種類

WEB取引ツールには「ストリーミングの成行・指値」「シングルの成行・指値」「逆指値」という5種類の注文方法があります。

ネオキチ
そもそも成行・指値がよく分からないという方は下の記事で分かりやすく解説しているから、この記事からチェックしてね!
あわせて読みたい
仮想通貨の成行・指値・逆指値・OCOを使ったトレード方法を初心者向けに解説 【成行注文】 約定(やくじょう)は取引が成立するという意味だよ。 【指値注文】 指値注文の例 【逆指値注文】 【OCO注文】 【まとめ】 https://encryption-currency.x...

最初に取引する銘柄のペアを選択する

WEB取引ツールの左上あたりに「通貨ペア」という項目が出てくるので、そこで取引したい通貨ぺアを選択します。

通貨ペアの選択

ストリーミングでの注文方法

ストリーミング注文は表示されている価格で売買ができる注文方法です。価格を指定しなくても自動的に価格が表示されているので、初心者には一番簡単な注文方法になります。

ストリーミング注文にも指値と成行がありますが、指値だと表示されている価格でマッチした時に約定となりますが、相場の変動によってなかなか約定しない場合もあります。

ストリーミング注文の成行きの場合は、表示されている価格以外でも約定するので、不利な取引になってしまう場合もあります。ですので急いで約定したいという場合以外はあまりオススメではありません。

※約定とは注文した売買の取引が成立するという事です。

ストリーミングの注文画面の操作

ストリーミング注文の画面の操作方法を紹介します。

ストリーミング注文

  1. 数量を入力する
  2. 成行か指値のどちらかを選択する
  3. 取引暗証番号を入力する
  4. 「売」か「買」のどちらかのパネルをクリックで注文完了
ミァーコ
数量ってどうやって計算したらいいの?
ネオキチ
うん、数量は下の計算式を参考にしてね!

例えば上の画像のように「買」のパネルが753,200円になっていたとします。そして、10万円分のビットコイン(BTC)を買いたいとします。
その場合の計算式は、
100,000円÷753,200円=0.1327枚
つまり10万円でビットコイン0.1327枚の買い注文を出すという事になります。

ネオキチ
という事でストリーミングは一番シンプルな注文方法だよ。

シングルでの注文方法

シングルはよく使われる注文方法になります。シングルの成行注文はその時の相場価格ですぐに約定します。シングルの指値は自分の希望する価格で注文が出せるので、ストリーミング注文よりも有利な売買ができる可能性が高いです。

すぐに約定(取引成立)したい場合には「成行」での注文がいいですが、慣れてきたら「指値」での注文の方が有利な取引ができる場合が多いです。

ミァーコ
なるほど、指値での取引の方がお得になる可能性が高いって事ね!
ネオキチ
まぁそうなんだけど、ただ価格がマッチしないといつまで経っても約定しないという事もあるからそこは気を付けてね!
ミァーコ
あっそうか!私がいくら安く買いたいといってもその価格で売ってくれる人がいなかったら、買えないって事になるものね・・
ネオキチ
そうゆうことだね。だから相場よりも少しだけ安く買い注文を指値で入れておくとかの注文方法だと約定してくれる事は多いよ。
ミァーコ
こればかりは実際にトレードしていかないとよく分からないわね。よしっ!私頑張る!
ネオキチ
うん、頑張ろうね!

では実際にシングルでの注文方法を見ていきましょう!

シングルの注文画面

  1. 「売」「買」のどちらかを選択
  2. 数量を入力する
  3. 成行か指値を選択
  4. 指値の場合は通貨の取引希望価格を入力
  5. 取引暗証番号を入力
  6. 最後に「注文」をクリック
ネオキチ
シングルは基本のトレード(取引)方法になるよ!

逆指値での注文方法

逆指値注文はシングルの指値注文の逆の注文方法で、価値が上がってきたら買う。価値が下がってきたら売る。という注文方法になります。

●逆指値の買い注文の場合は、指値以上になったら成行で約定する。
買いの逆指値注文は価値が上昇トレンドに入って価格が上がりそうな時に買い時を逃がさない注文方法

買いの逆指値注文

●逆指値の売り注文の場合は、指値以下になったら成行で約定する。
売りの逆指値注文は価格が下降トレンドに入って価格が下がりそうな時に損失を最小限に防いで売り時を逃がさない注文方法

売りの逆指値注文

実際に逆指値の注文画面を見てみましょう。

逆指値

  1. 「売」「買」のどちらかを選択
  2. 数量を入力する
  3. 取引希望価格を入力
  4. 取引暗証番号を入力
  5. 最後に「注文」をクリック
ネオキチ
逆指値は利確ポイントや損切りポイントを決めて注文を予約するトレード(売買)方法になるよ。

まとめ

ビットポイントのWEB取引ツールでのトレード(売買)方法は大きく分けると3つになります。

ストリーミングの成行・指値
パネルに出ている価格で売買が出来るので一番簡単に注文が出せる
シングルの成行・指値
取引価格を決めて売買をする一番基本のトレード方法
逆指値
利確や損切りポイントを決めて予約注文できるトレード方法
ミァーコ
WEBツールだけでも色々な注文方法があるのね。。私もトレードして上級者をめざすわよ~!
ネオキチ
トレードはやってみて分かる事も多いからね!頑張って上級者目指そうね♪慣れてきたら一つの画面でチャート、注文板、注文画面などが見れたり操作できる「BITPoint ADVANCE」でのトレードもオススメだよ。下の記事を参考にしてね。
あわせて読みたい
BITPoint ADVANCE(ビットポイント アドバンス)の使い方を分かりやすく解説 【BITPoint ADVANCE(ビットポイント アドバンス)の見方】 BITPoint ADVANCEはチャートや板情報はもちろん注文操作まで一つの画面で操作が出来るトレード(取引)ツー...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる