BITPoint(ビットポイント)国内取引所

BITPoint(ビットポイント)のセキュリティ・ハッキング対策ってどうなの?徹底解説!_PR

ビットポイントのセキュリティ対策を解説
ネオキチ

こんにちは、ナビゲーターのネオキチだよ。今回はサッカーの本田圭佑選手のCMで話題の仮想通貨取引所BITPoint(ビットポイント)のセキュリティやハッキング対策は実際のところどうなのかを調べてみたから紹介するよ。

ミァーコ

よろしくお願いしまーす♪

仮想通貨取引所のセキュリティ・ハッキング対策について

仮想通貨を預けている取引所がハッキングされて仮想通貨が盗まれてしまう。という大きな事件が日本だけで2018年は2件も発生しています。
(※今回紹介しているビットポイントではなく別の取引所で発生した事件です。)

ただ、預けていたユーザーの資産はハッキングで盗まれた取引所側が補填・補償するという事にはなっているようですが。。

ですが、そもそも信頼して取引所に口座を開設して仮想通貨取引をしているのに、ハッキングされて盗まれてしまったとなったら、とてもじゃないけど安心して仮想通貨取引なんてできないですよね。。今回は補償するという事になっているので、まだ良かったのですが、そのまま取引所が破綻や倒産してしまった場合はそのまま無くなってしまう、返還されないという可能性もゼロではないのです。

そもそものお話なのですが、仮想通貨はインターネット上にあるお金の事ですよね。

みなさん銀行にもお金を預けていると思いますが、銀行のお金を盗む場合だと、泥棒は金庫をドリルでこじ開けるか、暗証番号を解読してルパン三世みたいに盗むとかしかないですよね。つまり実際に銀行に出向かないと盗めないです。

でも仮想通貨はインターネット上に存在しています。つまりわざわざ取引所に出向かなくてもインターネット上からハッキングさえ出来れば簡単に盗まれちゃうんですよね・・・

そこが仮想通貨の問題点でもあると思うんです。でもその問題点を解決するにはセキュリティを強化する他ないって事ですよね。

セキュリティ対策は自分で出来る部分もありますが、そもそも仮想通貨の売買をする取引所自体がしっかりとセキュリティ対策・ハッキング対策をしていないと、とてもじゃないけど安心して仮想通貨取引をはじめるなんて無理ですよね。

そこで今回は僕が個人的に国内でセキュリティ・ハッキング対策が強いと思うBITPoint(ビットポイント)のセキュリティ対策はどうなっているのか調べてきたので、詳しく解説したいと思います。

ミァーコ

ハッキングで仮想通貨が盗まれちゃうなんて・・怖いわ・・

ネオキチ

そうだよね・・仮想通貨の取引(売買)をする取引所側ではどんな対策をしているのかしっかりと確認する必要があるね。

ネオキチ

セキュリティ対策以外のBITPoint(ビットポイント)を使うメリットや評判・口コミは下の記事にまとめているから参考にしてね。

BITPoint(ビットポイント)の特徴やメリット
BITPoint(ビットポイント)を使うメリットを分かりやすく解説!評判・口コミも紹介_PRBITPoint(ビットポイント)は電話対応サポートがあって、取引手数料・仮想通貨送金や預入手数料が無料!セキュリティ対策も強くて安心して使える取引所です。自動損益計算システムも搭載していて確定申告も楽なのも特徴...

ビットポイントの公式サイトはこちら

第3者機関のセキュリティ格付会社から「A」という評価!

ビットポイントは2018年10月11日付けで第3者機関である情報セキュリティ格付専門会社「株式会社アイ・エス・レーティング」から「A(シングルエー)」という評価を受けています。

シングルエー

取引所自体が「安心・安全」という事はとても簡単ですが、実際に第3者機関のお墨付きをもらうというのは消費者にとっても安心に繋がりますね。ただ、この格付けはどのぐらいの信憑性があるのか?信頼できるのか?という疑問もあったので、調べてみました。下の記事をご参考ください↓

ビットポイントのセキュリティ評価はA
BITPoint(ビットポイント)が第3者機関より情報セキュリティレベル「A」と格付!信頼性を調べてみた。リミックスポイントの子会社である仮想通貨交換業を行うBITPoint(ビットポイント)は第3者機関である情報セキュリティ格付会社である株式会社アイ・エス・レーティングから「A(シングルエー)」の評価を受けました。どのぐらい信頼性があるのかを調べてみました。...
ミァーコ

第3者機関からセキュリティ対策についてのお墨付きがあるのは信頼性があるわね!

BITPoint(ビットポイント)のセキュリティ・ハッキング対策

  • 独自のウォレット管理
  • マルチシグ対応
  • 365日24時間の監視体制
  • EV-SSL暗号化
  • 顧客資産の分別管理
  • 定期的な外部システム監査
  • サイバーセキュリティソフト「AppGuard」
セキュリティ対策

独自のウォレット管理

ビットポイントはコールドウォレットとホットウォレットの2つの利点を組み合わせた独自で開発したウォレットで仮想通貨を管理しているようです。

自社開発ウォレット

コールドウォレットとは?

コールドウォレットはインターネット上に繋がっていない状態で、ハッキングの心配がない環境に仮想通貨を保管しているという意味です。

ホットウォレットとは?

ホットウォレットはインターネット上に繋がっている状態で、仮想通貨の取引(売買)ができる環境に仮想通貨を保管しているという意味です。

ミァーコ

じゃあ全部コールドウォレットに保管すればハッキングされないんじゃないの?

ネオキチ

まぁそうなんだけど、それだと仮想通貨の売買(トレード)自体が出来なくなるんだ。だから最低限はホットウォレットにも置いておく必要があるんだよ。

ミァーコ

なるほど。ユーザーが取引する分は最低限ホットウォレットにないといけないってことなのね。

ネオキチ

そうだね。あとビットポイントは万が一、ホットウォレットの秘密鍵が漏えいした場合でも、第三者が秘密鍵を解読する事が不可能な管理体制を構築していると言っているね。

ミァーコ

ホットウォレットの中でもしっかりとセキュリティ対策をしているって事なのね。それなら安心ね。

マルチシグ対応

ビットポイントはマルチシグ対応になっていて、分散管理された秘密鍵によってハッキングや内部犯を防止しています。

マルチシグ対応

マルチシグとは?

マルチシグは、複数の秘密鍵で仮想通貨を管理しているという意味で、万が一ハッキング攻撃で1つの秘密鍵が盗まれてしまった場合でも、その1つだけでは仮想通貨を盗み出すことはできないようになっています。

つまりハッカーは複数の秘密鍵を手に入れる必要があるので、同時にサーバーや端末などにハッキング攻撃をする必要があります。

イメージは金庫の鍵を2つ3つと複数で施錠するという感じですね。1つの鍵より2つ・3つと施錠をした方がセキュリティは高くなるのは容易にイメージがつくと思います。

このマルチシグに対応するだけでセキュリティレベルとしては格段に上がるという事になります。

ミァーコ

なるほど。マルチシグはいくつかの鍵で施錠しているからセキュリティが強いって事なのね!

ネオキチ

そうだね!複数の秘密鍵で対策をしている、というのは大切なポイントになるね。

365日24時間の監視体制

ビットポイントは不正侵入検知・防御システムを導入しています。不正アクセスや不正な情報持ち出し等の異常時にはアラートが出力されて、すぐに異常を検知できる24時間365日の監視体制になっています。

24時間365日の監視体制
ミァーコ

24時間365日監視しているっていうのは安心ね!

EV-SSL暗号化

SSL認証とはインターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組みの事で、個人情報やクレジットカード情報などを暗号化して送信する事ができる仕組みの事です。ブラウザのアドレス部分を見るとわかりますが、SSL暗号化に対応しているサイトには「鍵マーク」がついていて、対応していないサイトは「保護されてない通信」と表示されます。
SSL認証

サイトURLでもhttpの後に「s」が付いているかどうかで簡単にSSL認証に対応しているかどうかは判断する事ができます。

■SSL認証に対応していないサイトURL「http://~」

■SSL認証に対応しているサイトURLにはhttpの後に「s」が付く「https://~」

ビットポイントはこのSSL暗号化にもちろん対応していますが、SSL認証の中でも審査が最も厳しくて、セキュリティレベルが高いEV-SSLの証明書を採用しています。

そして、Qualys SSL LABSのサイトではサイトの安全性を確認する事ができるのですが、実際にビットポイントのURLを入れてチェックしてみました。
判定は最高ランクA+からFで評価しています。

最高評価のA+

チェックしたところ、ビットポイントは最高評価の「A+」と出ました。このサイトでの評価が必ずしも正しいとは限りませんが、セキュリティ対策の一つの参考の数値にはなると思います。

ミァーコ

保護されていない通信って表示されるだけでかなり不安になるわよね。ビットポイントは鍵マークが付いているから安心って事ね。

ネオキチ

そうだね。通常のSSL認証じゃなくて一番高度なEV-SSL認証を取り入れているからセキュリティレベルが高いって事だね。

ビットポイントの公式サイトはこちら

顧客資産の分別管理

ビットポイントはユーザーから預かっている日本円や仮想通貨の資産と、ビットポイント側の資産を口座を分けて管理していて、ユーザーの資産と混同しないように、コンピュータ上の記録を正確に行っているそうです。

顧客資産の分別管理
ミァーコ

資産を分別でちゃんと管理しているって事ね。

定期的な外部システム監査

ビットポイントはホワイトハッカーと呼ばれるテスト用のハッカーが定期的にシステムの点検や改善。見直しを継続的に行っているようです。

ミァーコ

なるほど、テストでハッキング攻撃をしてシステムの見直しを行っているのね。

ネオキチ

日々の見直しやチェックは大切だよね。

サイバーセキュリティソフト「AppGuard」の導入

ビットポイントは2018年8月からサイバーセキュリティソフトの「AppGuard」を導入しています。このソフトは過去に一度も破られたことのないとても堅牢で強いセキュリティソフトで大手インフラ企業がどんどん採用しています。

AppGuard

従来のセキュリティソフトは検知型といって、ウイルスが入ってきて初めて検知するような仕組みですが、この「AppGuard」はプログラムが正常だと分かってからはじめて稼働するという仕組みになっています。

AppGuard
ネオキチ

入ってくる前にウイルスかどうか?ちゃんとしたプログラムなのかどうかを事前に判断するという事だね。

ミァーコ

そもそも感染させないって事なのね!凄いわね。

取引暗証番号の必須でセキュリティが強い

ビットポイントは資金の移動時(口座間資金振替、売買、法定通貨の出金、仮想通貨の送金等)に関しては取引暗証番号の入力を必須にしていて、さらにセキュリティが強くなっています。

例えば他の国内取引所の場合、仮想通貨を送金する際に2段階認証までは当たり前にありますが、さらに取引暗証番号までの入力を必須にしているところはビットポイントだけだと思います。

仮想通貨の出金依頼画面

※取引暗証番号は口座開設時に自分で設定する4桁の数字です。

ミァーコ

なるほど。認証コードとさらに取引暗証番号の入力が必要だからセキュリティが強いのが分かるわね。

セキュリティの管理体制に7~8割の人員を使っている

ビットポイントはセキュリティ面に力を入れていて、管理体制に7~8割もの人員を使って「入口対策、内部対策、出口対策」などの対策を行っているようです。

そして特別顧問には元金融庁長官の日野正晴さんもいてしっかりとセキュリティ対策を行っているのが分かります。

ミァーコ

結構な人員をセキュリティ対策に使っているのね。

ネオキチ

そうだね。仮想通貨はインターネット上のお金でハッキングリスクが高い分、セキュリティ対策に一番力を入れているのはいいことだよね。

情報セキュリティ委員会の発足

ビットポイントは情報セキュリティ委員会を発足していて、セキュリティに対して力を入れているのが分かります。下はビットポイントからの引用です。

お客様の情報資産管理の適切性を確保するため、「組織的安全管理措置」、「人的安全管理措置」、「技術的安全管理措置」を踏まえた「情報セキュリティポリシー」を策定しており、経営陣を中心とした管理体制のもと情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を構築して情報セキュリティの維持、向上に取り組んでおります。また、当社では、代表取締役社長を情報セキュリティ確保のための最高責任者として「情報セキュリティ委員会」を発足し、その委員長として情報セキュリティを統括管掌する取締役を任命、情報セキュリティ委員会の事務局ならびにサイバー対策を講じる責任部署を「システム管理部」としており、情報漏洩防止に最大限の施策を講じることに加え、仮に情報が漏洩した場合であっても、第三者がこの漏洩情報を解読することの不可能な対策を講じることを当社の情報セキュリティに係るポリシーとしております。

ミァーコ

セキュリティ委員会も発足して、やっぱりセキュリティ対策への力の入れようが凄いわね!

ネオキチ

そうだね。まずは安心安全に使えるようにセキュリティ対策がしっかりしていないといけないからね。ここまでしっかり対策を行っているのは好印象だね♪

セキュリティの強化対策

二段階認証の必須

ビットポイントは2018年6月30日から「送金(送付)」「取引暗証番号変更」の手続きは二段階認証が必須になっていて、解除不可となっています。

二段階認証とは?

二重のパスワードの事です。例えばログイン時に設定していると、IDとパスワードでログインした後に、さらに認証コードが求められます。その認証コードを設定する事を二段階認証と呼んでいて、メール・SMS・アプリのどちらかで設定可能になります。

メール通知サービスの開始

ビットポイントは2018年6月30日から「ログイン」、「法定通貨出金」、「仮想通貨送金(送付)」時におけるメール通知サービスを開始してます。

これでユーザー口座へのなりすましでの不正ログインや日本円・仮想通貨を出金した時にメールで通知が届くので、不正をすぐに検知することができるようになるものです。

ミァーコ

なるほど。万が一誰かが不正にログインや出金とかをしたら私のメールにすぐに届くって事なのね。

まとめ

ビットポイントのセキュリティ対策を紹介しました。ウォレットの管理やマルチシグ対応、SSL暗号化、それに定期的に外部からのシステムチェックや改善を行っていて、セキュリティ・ハッキング対策はしっかりとしているという印象を受けます。

私もビットポイントを使っていますが、サーバーも強くて、国内の取引所では唯一電話対応もあるので安心して使える取引所だと思います。

私も仮想通貨の送金手数料が本当に無料なのか信じられなかったので、一度電話してみましたが、担当の女性が丁寧に色々と教えてくれて、対応はとても良かったです。
※仮想通貨の送金手数料は本当に無料だという事です♪通常、他の取引所の場合は手数料がかかるので、無料は凄いと思います。

ビットポイントの公式サイトはこちら

ネオキチ

BITPoint(ビットポイント)を使うメリットや評判・口コミに関しては下の記事にまとめているから参考にしてね。

BITPoint(ビットポイント)の特徴やメリット
BITPoint(ビットポイント)を使うメリットを分かりやすく解説!評判・口コミも紹介_PRBITPoint(ビットポイント)は電話対応サポートがあって、取引手数料・仮想通貨送金や預入手数料が無料!セキュリティ対策も強くて安心して使える取引所です。自動損益計算システムも搭載していて確定申告も楽なのも特徴...
ネオキチ

ビットポイントの口座開設方法や2重パスワードの2段階認証設定に関しては下の記事を参考にしてね。

口座開設方法を解説
BITPoint(ビットポイント)の口座開設方法と2段階認証設定を分かりやすく解説_PRBITPoint(ビットポイント)の口座開設方法から2段階認証の設定方法までを初心者向けに分かりやすく解説しています。2段階認証はバックアップをしっかりとる事、パスワードは複雑なものにする事でセキュリティ対策をしましょう。...
おすすめ取引所

BITPoint(ビットポイント)は扱っている仮想通貨が全ペア板取引でお得に売買できる。初心者でも安心な電話対応まであるからオススメだよ♪
「スポンサードリンク」BITPoint(ビットポイント)ビットポイントを使うメリットや評判・口コミ
ビットポイント口座の作り方や2段階認証設定を解説

仮想通貨をはじめる初心者向けの記事

当ブログを運営しているネオキチです。仮想通貨をはじめた頃は、本当によく分からないことだらけでした。勉強したり友人から直接教えてもらったりして、ようやくこのブログを運営するまでの知識を身に付けることが出来ました。※日々勉強中です!

そして、「役に立ちました!」「いい情報ありがとうございます!」「これってどうなんですか?」などのコメントも多く頂き嬉しい限りです(^^)

友人・知人からもよく「仮想通貨ってどうなの?」「どうやってはじめるの?」「取引所はどこがいいの?」など多くの質問を受けるようになりました。

そこで、これから仮想通貨をはじめる方向けの記事をまとめました。記事を上から順番に読めば仮想通貨の中級者になれる内容になっています。

下が仮想通貨の初心者向けに書いた勉強・基礎知識のまとめ記事です。この記事があなたのお役に立てば嬉しいです(#^.^#)

仮想通貨初心者向け
ビットコイン・仮想通貨を始める初心者向け!勉強・基礎知識まとめ_PR仮想通貨を始める初心者向けに基礎知識を紹介しています。主要な銘柄の特徴。売買できる取引所、入金方法、売買方法や取引所と販売所の違いを解説。ビットポイントがおすすめ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です